忍者ブログ
いずれは小説家になるわけだから、これはその記録になるわけだ。
プロフィール
HN:
hatusirokazuho
性別:
非公開
自己紹介:
「初代一歩」と書いて「はつしろかずほ」と読みます。
ついったー
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新です。

Twitterの通り電車で書いています。
さて、ではまず副業のことから。


前記の通り、正社員になったわけです。

ツイートでプログラムのスクショを上げたので、分かるかと思いますが、職業はシステムエンジニアと言うやつです。

もっと現実に近い言い方だとjava職人(見習い)


クソブラックイメージのある仕事ですが、実際のところそんなでもないのです。

カレンダー通りの休みと有給休暇は確保されてます。



まあ、まだ2ヶ月なので有給貰ってないけど。



残業はあるんだけどね。帰れるよ。遅いのは家がめちゃくちゃに遠いから。


んで、Twitterで書いた通り、引っ越しします。

早ければ4月中旬には。



今の住処では遠すぎて本業に力が入れられないので、必要かつ必然かつ当然の引っ越しです。


副業の方の話題は守秘義務とか色々あるので詳しくは書かないでおきます。




ただ1つ。




この業界は派遣され現場で働くスタイルが多く、僕もその一人なのですが、場所がね。





我が因縁の地、九段下。





なぜ因縁なのか。


数年前受験し、人生の大きな分岐点となった、あの二松学舎大学がありやがるのが、かの地、九段下なのである。

他にも、靖国神社とか武道館とかがある。




正社員初の仕事にはふさわしい。






さて、副業はもう十分。本業の話です。

今回は、夏コミの話です。



今回の夏コミはすでに応募いたしました。

カットはTwitterに。



で、構想した結果、次回作、タイトルは


「ハーフ・ボイルド・エッグ」


と、決定いたしました。



月明かりの街で仕立てた、「月埜町」は、自分の好きなふうにデザインできる素敵な街であり、僕も気に入っております。


もともと、街を中心にした作品群を作ろうという腹づもりでしたので、計画通りなわけです。


月埜町シリーズ(仮)には、猫目のストーリーとか、職業殺し屋とか、色々面白そうなタネがあるのですが、今回は、探偵ものにします。





どうなるかは、まだまたまこれからですが、一応の大筋はできています。

ただ、副業が研修期間は、一応そっちに注力しよう。という事もあり、目に見えるかたちの成果物がない段階です。

ですので、状況的には今月中には、本編に取り掛かれたら良いな、って感じです。
しかし、前記の通り引っ越しますので詳細はまだ未定であります。



で、勿論、うまくあーしてこーして投稿予定です。
いい感じの節目で本格的な活動に入ろうと思います。





では、今回はこの辺で。ノシ


拍手

PR
お久しぶりの更新です。

前の記事がコミケのお品書きなので、少なくとも去年から更新してないことになります。

ですので、まずは

明けましておめでとう御座います。

もうすぐ2017年ですね。

 と。

恒例の挨拶を。



それでは順番に。

まずは、コミケから。


 もうずいぶん昔のことに感じられますが、先の冬コミに、スペースへお越し頂きました皆様。
誠有り難う御座いました。

 完売という初めての経験。手足が震える様な感動を味わいました。
 

 本当にありがとうございます。

 楽しんで頂けたら、、内容的に笑って読む物じゃ無かったのですが。


……楽しんで頂けたのなら幸いです。



ご意見御感想は、何時でも、何時までも、お気軽にどうぞ。

そして、次回もまたお越し頂けます様に。





 で、前々から書いていました通り、正社員としての働き口を探しておりましたが、2月15日から都内某所にて働いております。

 いや、まだ研修期間中ですので厳密には働いてはおりません。

 ですが、正社員の肩書きを入手し、厚生年金や健康保険等、社会保障を受け、今月20日に半分ですが給与を受け取ることが出来る様になりました。

 ここで、改めて記しておきますが、そこが僕の目標では決してありませんし、ブログタイトルのすぐ下に書いてありますとおり、「いずれ作家になる」までの、いわば仮の立ち位置で御座います。



 地面が安定しなければ、その上で活動することは出来ないのですから、このタイミングでの就職を間違った選択だとは考えていません。


 それと、念のためですが、高校卒業後の経験も、全て僕にとって大切な物であることもまた間違いないことだと考えています。
 
 一人旅も、同人活動も、バイト生活も、不安定な時間も、すべてが、掛け替え無き経験値で有ります。
 

 むしろ、人生を順当に進んできた人には得がたく、貴重な体験だと思っていますし、一切の後悔も御座いません。



 ただ、就職したことについてもまた、後悔はしていないと、後悔は無いと言える。そう信じております。

 それは、この仕事がどうこうレベルの事ではなくて、この分岐点でこの選択をして、此方へ進んだ、それ自体に対する事であります。

 

 前記事の通り、僕が就職した最も大きな切っ掛けは、小説家になるまでのプランを現実的に考えた事でありますし、そこに視点が向いているからこそ、環境に我慢できずにあれこれ文句を言うのは、覚悟を欠いた行為だと気付いたのです。


 ご存じの通り、僕は初めの一作を試しに書いてみて受賞できてしまう様な、天才人間ではありません。
 机の奥深くに眠る中学生の時に初めて小説として書いた物は、400百字詰め原稿用紙60枚を汚しただけの、笑ってしまう様な駄作で、おまけに未完です。


 そんな有様から、ちょっぴり成長して現在に至りますが、依然として道のりは長く険しく、さらに受賞しても、それは、例えるならば、出発の準備段階に過ぎず、そこから初めて、本番の、更に長く険しい道を行かねばなりません。

 ですから、それまでの時を僕は生きねばならないのですが、そのために必要となる「金」を得るため、就職することにしたのです。


 
 以上のことから、当然ではありますが、活動はこれまで同様続けていきたいと思っています。
 
 言うまでも無く、投稿はするとして、修行としての同人活動も変わらずに継続します。まずは、次回の夏コミですが、これにも申し込み済みであります。


 
 これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


では、この辺で。ノシ




拍手

一ヶ月ぶりの更新です。


まず、夏コミの件ですが、今回、サークルSBIPは不参加で御座います。


そして、五月にあるコミティア112、ここに、「セカイ系」の完全版を新刊として持って行きます。


前回のコミケでベータ版読んでいただいて、完全版に興味を持っていただいた、コミケのみ参加の方には、心苦しいです。

次々回の冬コミには参加するので、そちらでどうぞ宜しくお願いします。

それと、冬コミの方の新刊もある予定です。

内容は、
「月明かりの街」の世界観が気に入ったので、派生作品
ファンタジーホラー系
あたりが濃厚な候補です。


それでは、今回はこの辺で。ノシ

拍手

久しぶりの更新です。

どっちなんでしょうね。

僕が歩いているのか、事象が動いているのか。







最近、いろいろありまして少々疲れました。

そして、そやつらは一切解決していません。


要するに、今、いろいろあるわけです。



世の中の「事」の中にいる以上、「事」と言うもの自体が動いていても、「事」の周りを事象が流れていても、それは同じ事。

僕は、「事」の中にいると良いことがありません。何かに乗って言い思いをした例はありません。





だから、出来るなら、流れている「事」「事象」を外側から眺めるだけの人生で良いのです。



今回は「事」に関わってしまったために、少々面倒なことが増えてしまいました。

無論、生きている以上、乗らざるを得ない「事」もありますから、人は常に何かしらの問題を抱えているわけです。


それは、過去二回の世捨て旅で学習しました。



多くの人から見れば、取るに足らない些細な問題でしょうが、それでこの有様ですから、僕には、この世での生活は向かないみたいです。





さて、仕事の話をしましょう。と言っても、まだまだ仕事と言えるワークじゃないという意見もあるでしょうが。

バイトは副業です。本業は作家。収入が、副業:本業=1:0 でも、こっちが本業だって言ってんだから、そうなの。


まずは、こちらをご覧下さい。



お分かりでしょうか? 一番下に来るようにトリミングしてあります。

「月明かりの街」

ラインナップされてます。

つまり、メフィスト賞に送りました。


絶対に批評のもらえる賞というわけでは無いので、これがどうだ、とかの記事を書くことは出来ません。



座談会に上がれば別ですが。


それ以外の応募作は、どうしようもない作品なのか、もう一歩の作品なのかすら教えてもらえないので、取り敢えず、送ったという記事だけ書きます。





では、このへんで。ノシ

拍手

更新です。

コミックマーケット86。お疲れ様でした。

スペースにお越しくださった皆様。有り難う御座いました。


風猫様。長くなるかも知れませんが感想はいずれかならず。今後とも交流していただけたら嬉しいです。




そして、前作の「EMOTIONENGINE」から来てくださった方。



気づかなくてすみませんでした。

面白かったといわれて、テンパってしまいました。




ブログも見て下さっているとのことなので、この記事を見てくれていることを祈り。



今回のは、いかがでしたでしょうか……以前とだいぶ毛色が違うものになっていますが、趣味が合わなかったら、と思うと……

あの頃よりも成長しているでしょうか?



もっと、書きたいイメージを全部伝えられるくらい書けるように頑張ります!






「月明かりの街」は勿論、今までの小説の御感想いつでも大歓迎で御座います。

成長いたします。





それでは、この辺で。ノシ

拍手

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最古記事
カウンター
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 初代一歩。ブログ All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]